THIS IS ME

皆さんこんにちは!京大1回生のこーへーです。このブログを読んでいただきありがとうございます。THIS IS MEはあのミラクルスペシャルウルトラスーパーメガトンスターのMichael JacksonのTHIS IS ITから来ています。やりたいから始めたブログなので、僕の経験や思い、感想など、書きたいことを書きたいときにありのままに綴っていきます。

世界一心地いい歌声、Art Garfunkelの来日公演に行って来た!

皆さん、昨日11月14日は何の日か知っていますか?

え?埼玉県民の日?「ちがうだろーーーーーーー!!!!!!!!!!」(埼玉県民にあるまじき発言、申し訳ありませんでした。ちゃんと帰省します。) (因みにT元議員も埼玉4区です(笑))

正解は、あの奇跡の歌声、Art Garfunkelの関西公演の日!

f:id:kooooheice:20171115151356j:plain

 

僕の中では世界一心地いい歌声の持ち主。それがArt Garfunkel

 

僕が彼のことを知ったのは言わずと知れた伝説の曲We Are The Worldに彼が参加していたから。そこからSimon&Garfunkelという彼がPaul Simonと組んでいた時代の名曲の数々に出会い、彼の歌声に惚れたわけです。

 

いや~最高だった。

 

Boxer聴いたら思わずちょっと泣いちゃいましたね。(2曲目)

 

その後もScarborough FairやSound of Silence、そしてBridge Over Troubled Waterなど、Simon&Garfunkel時代の名曲をどんどん歌ってくれて、鳥肌がすごかった!

 

ところで観客にはご老人が多くて、他の観客も3~40代以上ばかり。たまに親御さんと来ている子どもや学生はいても、一人で来ている学生は見当たりませんでした。時代なんですかね~(笑)Beatlesは知っててもArtを知っている若者はそんなにいないのかなぁと。もっと多くの若者に知ってもらいたいなぁ。

 

Artは11月5日で76歳になりました。昔のような声の伸びなどはあんまりなくなったかもしれないけど、聴く人の心を癒してくれるような、最高に心地いい歌声は健在で、休憩含めて90分という大学の講義と同じ時間だったけど、心が洗われた。

あんな講義だったらだ~れも休まないと思うなぁ(笑)

 

公演中にも「歌うのが大好きなんだ」って言っていたArt。体には気を付けて、まだまだ元気に歌うことを楽しんでほしい。そして、聴く人の心を癒していってほしい。