THIS IS ME

京大1回生のこーへーです。このブログを読んでいただきありがとうございます。THIS IS MEはあのミラクルスペシャルウルトラスーパーメガトンスターのMichael JacksonのTHIS IS ITから来ています。やりたいから始めたブログなので、テーマ関係なく、僕の経験や思い、感想など、書きたいことを書きたいときにありのままに綴っていきます。

世界の床屋へイッテC!~韓国編

海外で髪切りたい!!!!

この夏にカンボジアで髪を切り、海外で髪を切る楽しさを知ってしまった僕は、カンボジア滞在中から、もっと色んな国の床屋に行ってみたいと考えていた。

髪は伸びるのに時間がかかるから、一生がかりの一大企画になる。オラ、ワクワクすっぞ。(ドラゴンボール大好き)

 

企画と言うからには企画名がほしいなぁ。と思うや否や、一瞬でひらめく2つの名。

「世界の床屋へイッテC!」or「世界の床屋から」

 

 

......果たしてこれはひらめいたと言うのか!?(笑)

 

はい、「世界の果てまでイッテQ!」と「世界の車窓から」ですね。どちらも名番組!

すみません、勝手にもじらせてもらいます<(_ _)>

 

まあ、そもそもTHIS IS MEからおもっきしもじりやし、今更ねぇ。

 

てことで、2つ思い浮かんだのだが、正直決め難い。。どっちもいい。

 

けど、世界の床屋からで「世界の車窓から」を連想する人より、世界の床屋へイッテC!から「世界の果てまでイッテQ!」を連想する人の方が多いだろうと思ったのでとりあえずこちらに。(変えたくなるかも?(笑))

 

説明が長くなりましたが、そんなこんなで世界の床屋へイッテC!始まります!!

ルールは1つ。髪型はお任せで!!!!

 

 

頻度が低くならざるを得ないのがつらいとこだなぁ。まあしゃーない!

あ、因みにQは Question らしいですが、Cは Cut です(笑)

 

 

ということで第二弾!韓国編です。(第一弾はカンボジア)

 

この日はソウル最大の繁華街こと明洞にやって来た。ネットでチラッと見てみると、日本人美容師さんがいたり、日本語が話せるスタッフがいる店がけっこーあるようだけど、僕はそんなにいっぱいお店があるならめぐりあわせを信じる!最初に見つけたお店に入る!!まあ韓国ならなんとかなるっしょ(笑)

 

曇り中の曇りの中、僕はひたすら床屋さんを探す。

 

f:id:kooooheice:20171113204807j:plain

 

...全然ないじゃん!?一軒もないじゃん!?これは困ったと思った僕は日本語がさっきビラ配りをしていた女性の中に日本語が話せる人がいたのを思い出す。

 

なんとかその人のもとへたどり着き、「この辺って床屋さんありますか?」

お姉さん「たっくさんありますよ!どこがいいかな~」

「うそ!探し回ったけどなかったよ!」

「(地図を見せてくれながら)ここの二階とかここの三階とか」

 

いやお店どーんじゃないんかい!!!都会に慣れていないことがバレる。。

 

その後は上に注意しながら探し回る。

 

f:id:kooooheice:20171113211312j:plain

 

あったぁぁぁぁぁぁあ!!!!!!!!

宣言通り最初に見つけたので入ってみることに。高かったらどうしよ...

 

f:id:kooooheice:20171113211845j:plain

一番上まで登ると、

f:id:kooooheice:20171113212005j:plain

おお~なんかいいんじゃないの?(笑)

 

美容師さん(若い女性)にお任せでって言ったら悩んでる様子だったので、韓国人っぽくって言ったらOKが出たのでCut Start!!

 

あ、因みにここ日本語どころか英語も通じなかったです。全会話グーグル翻訳様経由です(笑) 日本語通じるとこいっぱいあるっていうのに英語すら通じないとこに来るとは。めぐりあわせって面白いよなぁ。

 

と、ここで完成したようです。それではBefore and After見てみましょう!

 

 

 

 

f:id:kooooheice:20171113212939j:plain
f:id:kooooheice:20171113212948j:plain

 

 

......髪伸びた!!!????前髪とか!

ってくらい分かりづらい結果に。

けど髪の量は圧倒的に減ってるので頭が軽くなった!!それだけでいい感じ!!

 

あ、僕なんでか、髪切ってもらうとき、ほぼずっと目閉じてるんですよね。一回前髪切られるときに閉じたらもう閉じっぱなし、みたいな。だから終わるまでどうなってるのか殆ど分からない!だからよけいにワクワクできるんだと思う。どんな風に切られても大丈夫だし、案外この企画は僕に合ってるのかもしれない。

そんなことを思いながら今日はこの辺で。

以上、世界の床屋へイッテC!~韓国編でした!! 次回もお楽しみに!